マンションの寿命を考える上での要素とは?

マンションの寿命を考える上での要素とは?
物理的な寿命と資産的な寿命は、マンションの寿命を考える上で重要な要素です。
マンションも、寿命があります。
物理的寿命は、建物の構造や改修工事の有無によって大きく影響される「物理的耐用年数」という要素によって決まります。
国土交通省のデータによると、鉄筋コンクリート造のマンションは平均して約68年で取り壊されることが多いとされていますが、最長で150年住むことが可能であり、改修工事などの延命措置を行えばさらに長く使用することもできることがわかっています。
マンションの寿命には物理的な寿命だけでなく、資産的な寿命もあります。
「法的耐用年数」と呼ばれるこの要素は、マンションの価値が保たれる期間を示しています。
参考ページ:不動産購入中古マンション購入時の注意点!耐用年数にも注意!
この記事では、物理的耐用年数について詳しく解説するだけでなく、マンションを購入する際に考慮すべきポイントも紹介しています。
まずは物理的耐用年数に注目しましょう。
物理的耐用年数を決める要素とはどのようなものなのでしょうか。
先ほども述べた通り、物理的耐用年数とは、住宅としての機能を物理的に果たすことが可能な期間を指します。
この要素は、建物の構造的な状態によって変動します。
具体的な物理的耐用年数を決める要素は以下の通りです。
まずは耐震基準です。
日本では地震による建物の倒壊が多く、建築基準法により耐震基準が定められています。
耐震基準とは、地震による倒壊や損壊を防ぐために定められた基準のことです。
マンションの耐震基準を確認することは非常に重要です。
旧耐震基準では、1981年5月までに建築されたマンションは、「震度5強の揺れでもほとんど損傷しない」とされていました。
しかし、新耐震基準では、「震度6強〜7程度の揺れでも倒壊しない」と改定されました。
このような改定がなされたことで、より安全な建物が建てられるようになったのです。
以上のように、物理的な寿命を考える上での要素は様々ですが、特に耐震基準は重要な要素です。
マンションを購入する際には、物理的な寿命や資産的な寿命を考慮して、長期的な視点で判断することが大切です。
古い耐震基準で建てられた中古マンションの問題として、強度が劣るため震災リスクに脆弱性がある。