中古マンションの購入手続きと注意点

中古マンションの購入手続きと注意点
政府は中古住宅市場の発展と品質向上を目指して取り組んでいます。
2021年3月に閣議決定された「住生活基本計画」では、中古住宅市場を2030年までに14兆円に拡大することを目標としています。
具体的な施策としては、既存住宅の情報公開の改善や住宅瑕疵保険の充実などが行われます。
また、耐震性や省エネ性、バリアフリー性能の向上やリフォーム、建替えの推進も進められます。
特にマンションでは、管理の適正化や長寿命化、再生の円滑化が重要視される方針です。
参考ページ:中古 マンション 買い方|内覧から不動産売買契約そして引き渡しまでポイントあり!
これらの取り組みにより、中古マンションの品質が向上し、品質の担保された中古マンションの取引が活発化することが期待されています。
中古マンションの選び方においては、資産価値を重視することが重要です。
それには、家族の生活に合った住まいであることや将来的な需要や地域の発展性を考慮する必要があります。
たとえば、勤務先や学校へのアクセスが便利であることや、近くにスーパー、病院、クリーニング店などの生活施設があることは望ましい条件です。
また、周辺環境や治安の良さも重要な要素です。
さらに、マンションの管理状況や設備の充実度、大規模修繕積立金の状況なども確認することが必要です。
これらのポイントを考慮して、価値の高い中古マンションを選ぶことができます。
中古マンションの購入は、将来の生活の基盤を築く重要な選択です。
十分な情報収集を行い、慎重に検討することで、理想のマンションを見つけることができるでしょう。