名古屋の空き地を売却する際に考慮すべき要因について

名古屋の空き地を売却する際に考慮すべき要因について
名古屋市において空き地を所有している方々にとって、不動産の査定額に関する疑問があるのではないでしょうか。
参考までに、2013年に行われた住宅・土地統計調査によると、名古屋市では空き家が住宅の7軒中約1軒の割合であり、空き家率は13.2%となっています。
空き地に対しても固定資産税の支払いがあり、早急に売却を考えている方々に向けて、ここでは名古屋市における空き地の査定額の相場や、査定額がどのように決定されるか、そして売却方法についてご紹介いたします。
ぜひご参考にしてみてください。
名古屋市における空き地の売却について
現在全国的に空き地や空き家問題が深刻化しており、名古屋市でも同様の状況が見受けられます。
この記事では、特に空き地にフォーカスして解説いたします。
まず、空き地の不動産査定額の相場はいかがでしょうか。
2023年現在、名古屋市における空き地の不動産査定額相場は、1坪あたり84.5万円、1平方メートルあたり25.6万円となっております。
これは名古屋市内で行われた27,551件の取引データを基に算出された価格であり、2022年と比較して4.4万円上昇していることがわかります。
この上昇の主な要因としては、駅から徒歩10分以内の物件の取引が増加しており、これによって相場価格が上昇していると考えられます。
また、名古屋市において最も土地の査定額が高いエリアは中区であり、1坪あたり210万円になります。
逆に、最も査定額が低いエリアは港区であり、1坪あたり34.5万円となっております。
では、空き地の査定額はどのような要素が影響を与えるのでしょうか。
参考ページ:名古屋市空き地の査定額はいくら?相場や売却方法もご紹介
空き地の査定額に影響する要素
土地の査定額は主に以下のような要素によって左右されます。
1. 用途や高さに関する公法上の規制 2. 駅からの距離や利便性 3. 土地の広さ 4. 土地の形状 5. 土地に面する道路の幅 6. 角地であるかどうか 7. 道路からの高さ 8. 土壌汚染や埋蔵文化財、地下に埋設された物などの有無 9. 近隣に嫌悪施設が存在しているかどうか これらの要素について順番に詳しく解説していきます。
土地の規制とは
土地には、建物の用途や高さなどを規制する公法上の制度が存在します。
これは、土地のある地域において、建物を建てる際には特定の規定を守る必要があることを意味します。
公法上の規制は法律によって定められており、土地の査定や利用に際しては、まずこの規制について調査する必要があります。
しかし、一般の人にとっては公法や建築基準法などの専門的な法律知識が必要となるため、通常は専門家に依頼することが一般的です。
専門家は土地の規制に詳しく、公法上の制約を適切に調査・判断し、最適な利用方法を提案することができます。