名古屋市の一戸建ての売却価格の相場とエリアごとの売却相場

名古屋市の一戸建ての売却価格の相場とエリアごとの売却相場
名古屋市で一戸建ての家を売却する際、どのくらいの価格で売買されているのかを知ることは重要です。
売却価格の相場を見て、少しでも高値で売るための参考にしてください。
名古屋市全体の売却価格相場は、2021年の平均価格が1平方メートルあたり35.34万円で、2022年には1平方メートルあたり39.91万円となっています。
この相場は上昇傾向にあり、売却を検討している方にとっては好都合です。
2013年から2022年までの10年間のデータを見ると、名古屋市の1平方メートルあたりの価格は約13万円も上昇しています。
一方、愛知県全体の平均価格は約5万円の上昇にとどまっており、名古屋市は愛知県内でも非常に需要の高いエリアと言えます。
また、名古屋市内には16の区があり、それぞれのエリアで売却の相場が異なります。
2022年のデータによれば、最も高価なエリアは「中区」で、1平方メートルあたりの価格は85万円です。
次に高いのは「東区」で、1平方メートルあたり56万円となっています。
これらのエリアは需要が高く、価値があるため、高値で売却できる可能性があります。
参考ページ:名古屋市の一戸建てはいくらで売却できる?相場や価格の要因など
特に中区は、愛知県庁や名古屋市役所を含む名古屋市の中心地であり、地下鉄の路線も多く通っているアクセスの便も良い街です。
一方、「港区」は最も安価で売買されているエリアで、1平方メートルあたりの価格は20万円です。
これは中区や東区と比べると非常に安いですが、需要や価値が低いわけではありません。
エリアの魅力やアクセスの利便性によって売買価格が異なるため、港区でも適切な価格で売却することが可能です。
以上のように、名古屋市の一戸建ての売却価格はエリアによって異なります。
売却を検討する際には、相場を把握し、自身の物件の魅力を最大限に活かして高値で売ることを目指しましょう。
港区は名古屋市の最南端に位置しており、津波などのリスクがあり、外国人の方も多く住んでいます。
そのため、あまり注目されていないエリアと言えます。
しかし、レゴランドや名古屋港水族館、名古屋港シートレインランドなど、人気のあるレジャー施設もあります。
また、ここ数年で港区の不動産価格は上がっており、名古屋市全体でも一戸建ての需要が増えている傾向があります。