名古屋市中川区不動産売却

名古屋市中川区
– 特徴と不動産情報 名古屋市中川区は、名古屋市の16区の中で人口が2番目に多い区です。
近年、人口は横ばいの状態が続いていますが、それでも人口は増加傾向にあります。
このため、他の区と比較して不動産を売却しやすいエリアと言えるでしょう。
不動産とは、土地(未利用地や空き地)、空き家や中古住宅、中古マンション、田畑の農地、工場や工場跡地など、様々な物件を指します。
この記事では、名古屋市中川区の特徴や不動産売却の相場、手続きについて詳しくご紹介いたします。
ご参考にしてください。
名古屋市中川区の特徴
まずは、中川区がどのようなエリアなのか、その特徴について見ていきましょう。
中川区は、名古屋市の中西部に位置しており、区の名前にもあるように中川運河を含む7つの川が流れることで知られています。
2023年10月1日時点での中川区の人口は217,934人で、世帯数は103,739世帯です。
これは名古屋市16区の中で2番目に人口が多い区となっています。
中川区は、東部、中央部、西部に分かれており、それぞれに特徴的な地域が存在します。
<東部の特徴> 東部には「尾頭橋商店街」という商店街があります。
また、毎年7月には中川区最大のお祭りである「中川金魚まつり」が開催されます。
このお祭りでは、3メートル横・1.5メートル縦の巨大な金魚の山車が街を練り歩く様子が見どころの一つとして知られています。
<中央部の特徴> 中央部には区役所や主要な官公庁が所在しており、地下鉄高畑駅周辺は商業地として発展しています。
また、荒子地区は前田利家公の生誕地であり、尾張四観音の一つである荒子観音寺を含む多くの歴史的な名所があります。
特に荒子観音寺には千体以上の円空仏と、国の文化財に指定された多宝塔があり、多くの観光客が訪れています。
以上が、名古屋市中川区の特徴の一部です。
次に、不動産売却の相場や手続きについてご説明いたします。
参考ページ:名古屋市中川区不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
西部の交通網の発達
西部では、国道302号線や名古屋第二環状自動車道といった主要道路が南北方向に走っており、さらに東名阪自動車道や名古屋高速5号線、国道1号線などの幹線道路とも繋がっています。
このような交通網の整備により、西部は名古屋の西側への出入り口として機能しています。
そのため、この地域には今後の発展が期待されています。
西部を通る幹線道路が多くあり、容易にアクセスできるため、地域のビジネスや観光においても利便性が高いのです。
また、交通網の発達により、他地域との物流もスムーズに行えるため、物流拠点としても注目されています。
このような特徴を持つ西部は、将来的に更なる経済的な成長が期待されています。