名古屋市千種区不動産売却

名古屋市千種区の不動産売却についての相場と人気エリア
名古屋市千種区では、不動産売却を考えている方がいらっしゃるかと思います。
この地区は、星ヶ丘や覚王山など人気のエリアが多く存在しており、不動産の相場について知りたいと思われることでしょう。
不動産とは、土地や空き家、中古住宅や中古マンション、田んぼや畑、工場や工場跡地など、さまざまな種類があります。
この記事では、名古屋市千種区で不動産を売却する際の方法や不動産会社の選び方について詳しく解説いたします。
さらに、名古屋市千種区の特徴や売却の相場についてもまとめて紹介いたしますので、不動産売却を検討中の方は、本記事を参考にして流れを理解し、スムーズな売却活動に取り組まれることをおすすめします。
参考ページ:名古屋市千種区不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
名古屋市千種区の不動産売却の相場
まずは、名古屋市千種区における不動産売却の相場についてご紹介いたします。
名古屋市千種区における中古マンションの売却相場は、2,859万円から3,264.6万円程度となっていますが、不動産会社によって価格が異なることもあります。
中古マンションの売却価格は上昇傾向にありますので、売却を検討されている方は、一度不動産会社に査定を依頼してみることをおすすめします。
また、名古屋市千種区における中古一戸建ての売却相場は、約4,800万円から9,486万円程度とされています。
中古一戸建ての取引件数も増加傾向にありますので、売却を検討されている方にとっては好機といえるかもしれません。
名古屋市千種区の人気エリア
名古屋市千種区は、人口が2023年10月1日時点で165,101人であり、世帯数は88,652世帯です。
この地区は、多くの人気エリアが存在しており、魅力的な地域と言えます。
名古屋市営地下鉄東山線が通っており、名古屋駅や栄駅へは乗り換えなしでアクセスすることができます。
特に覚王山駅や星ヶ丘駅周辺は、高級住宅地として知られています。
洗練されたお店が立ち並び、教育に力を入れている家族にとっては人気のある地域となっています。
さらに、千種駅付近には大手予備校があり、学生も多く見られます。
また、今池駅周辺はショッピングが楽しめるエリアであり、若者が中心に賑わう繁華街となっています。
以上が、名古屋市千種区の不動産売却に関する相場と人気エリアについての詳細な情報となります。
お考えの方は、こちらの内容を参考にして売却活動に臨まれることをおすすめいたします。