名古屋市天白区不動産売却

名古屋市天白区の特徴
名古屋市天白区は、名古屋市の東部に位置しており、天白区の北東から南西にかけて天白川が流れています。
面積は21.58平方キロメートルで、名古屋市の16区の中で5番目に広い地域です。
天白区では大規模な宅地造成事業が行われており、新しい住宅地が造成されています。
そのため、多くの人々が住みやすさや質の高い教育環境を求めて天白区を選んでいます。
名古屋市天白区の不動産には、さまざまな種類があります。
土地(空き地や未利用の土地)、空き家や中古住宅、中古マンション、田畑の農地、工場や工場跡地などが存在しています。
これらの特徴を持つ不動産を売却を考えている方々に向けて、天白区の特徴や成約件数、相場についてご紹介します。
名古屋市天白区の特徴とは
まずは、名古屋市天白区の特徴を詳しくご説明しましょう。
売却を考えている不動産があるエリアの情報を収集することは、スムーズな売却手続きを進める上で非常に重要です。
ここでは、人口、歴史的特徴、住みやすさの観点から、名古屋市天白区の特徴をご紹介します。
まず、名古屋市天白区の人口ですが、2023年10月1日時点で162,760人、世帯数は79,530世帯となっています。
1990年には134,777人、2000年には153,238人、2010年には158,793人となっており、人口は増加傾向にあります。
2018年の164,653人が最も多く、その後はやや減少していますが、長期的に見れば多くの方が天白区に移住していることがわかります。
人口が増えることは、住宅の需要が高まることを意味し、不動産の売却にとっても有利な状況と言えます。
天白区の歴史的特徴としては、数多くの神社や寺院が存在しています。
特に「熊野日白社」に祀られている「天白神」は、洪水から田畑を守ると信仰されています。
参考ページ:名古屋市天白区不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
天白区の魅力
住みやすさのポイント 天白区は、住むには非常に魅力的なエリアです。
ここでは、天白区の魅力を3つご紹介いたします。
まずは、閑静な住宅街が広がっている点です。
天白区は、住みやすさに特化したエリアで、多くの閑静な住宅街が広がっています。
ここに住むと、穏やかな生活を送ることができます。
また、天白区は観光地や宿泊施設が多くないため、静かな環境が保たれています。
騒々しい雰囲気や混雑を避けたい方には最適な場所です。
次に、交通渋滞が少なく移動しやすい点です。
天白区は車を所有している方にとって特に利便性が高いエリアです。
周辺エリアへのアクセスもスムーズで、交通渋滞の悩みが少ないのが特長です。
これにより、快適に移動することができます。
また、天白区は公共交通機関も充実しており、電車やバスを利用することも容易です。
多様な交通手段があり、都心や他の地域へのアクセスもしやすいため、通勤やお出かけにも便利です。
以上が、天白区の魅力の一部です。
静かな環境で穏やかな生活を送りながら、交通の便がよく、快適に移動することができるため、多くの人々に支持されているのです。
ぜひ天白区での生活を考えてみてください。