団信とは?保険について詳しく解説

団信とは?保険について詳しく解説
住宅ローンを選ぶ時に気になるのが、「団信」という言葉です。
多くの金融機関では、住宅ローンを申し込む際に、この保険に入ることが必要となります。
そこで、団信とは一体何なのでしょうか? 団信とは、「団体信用生命保険」の略称で、住宅ローンを受ける際に加入する生命保険の一種です。
契約者(借り手)が被保険人となり、金融機関が債権者として保険金を受け取る形態です。
住宅ローンの契約に際しては、団信に加入することが融資の条件となります。
団信に加入する主な目的は、万が一の場合に備えることです。
つまり、もし契約者が亡くなってしまったり、他の困難な状況に陥った場合に、住宅ローンの残債の一部が保険金として支払われ、債務が返済されるのです。
ただし、特別な住宅ローン(例:フラット35)を利用する場合は、健康状態や他の条件を満たすことで団信に加入しなくても融資を受けることができます。
また、団信には特約(保証内容の追加)がいろいろと存在します。
特約とは何かというと、がん保障特約や三大疾病(がん、脳卒中、心筋梗塞)特約、七大疾病(三大疾病に加えて高血圧、糖尿病、腎不全、肝硬変)特約などがあります。
これらの特約によると、もし契約者が病気やけがで働けなくなったり介護が必要になった場合、一部または全額の返済免除が保証されるのです。
がん特約では、がんの診断がされた場合には、残債全額が保障される商品や、残債の半額が支払われる商品もあります。
ただし、上皮内がんに関しては保障対象外の場合もありますので、注意が必要です。
また、三大や七大の疾病特約に関しては、保険会社が定めた条件を約款に記載していますので、確認が必要です。
最後に、同じ疾病であっても、保険会社によって保障の適用期間が異なる点にも注意が必要です。
設定期間の長さに応じた保障の対象
この設定期間には、特定の状態が60日間継続した場合や、90日間継続した場合など、さまざまな条件が含まれています。
そのため、具体的な状況に応じて保障の対象となるかどうかを事前に確認し、必要に応じて特約を付けることが非常に重要です。
参考ページ:団体 信用 生命 保険 保険 料はいくらなの?誰が保険料を支払うのか解説
保険の保障範囲に関わる設定期間の長さ
この特定の保険における設定期間は、状態の継続が60日間や90日間など、いくつかの異なる条件で切り替わるようになっています。
そのため、具体的な状況によって保障の対象となるかどうかが決まります。
このため、保険を契約する前に、自身の状況がどの設定期間に該当するかを確認し、必要に応じて追加の特約を利用することが非常に重要です。
設定期間の長さで保障の対象を判断する
この期間における保障の対象は、状態が60日間継続した場合や90日間継続した場合など、様々な条件によって決まります。
そのため、具体的な状況によって保障の対象となるかどうかを事前に確認することが重要です。
もし該当する場合があれば、必要に応じて特約を追加することが重要です。