心理的瑕疵とは

心理的瑕疵とは
心理的瑕疵とは、不動産そのものには問題がないが、住む人に心理的な抵抗感や嫌悪感を引き起こす可能性がある欠陥のことを指します。
例えば、過去に自殺や殺人、事故死、孤独死、火災などがあった物件などが心理的瑕疵に該当します。
売主は、買主に対して心理的瑕疵が存在することを明示する責任があります。
もし売主が心理的瑕疵があるにもかかわらず、その説明を怠った場合、買主は契約の適合性に問題があると主張し、売買契約の解除や損害賠償を請求することができます。
つまり、売主と買主の間で揉めやすくなり、法的な問題が生じる可能性があります。
不動産の瑕疵とは
不動産の瑕疵には、心理的な問題以外にも、「物理的瑕疵」「法律的瑕疵」「環境的瑕疵」という3つの種類が存在します。
では、それぞれの瑕疵について詳しく説明します。
参考ページ:心理的瑕疵物件|どんな種類のものが心理的瑕疵になるの?解説!
物理的瑕疵(契約不適合)
物理的瑕疵とは、土地や建物に見られる欠陥や損傷のことです。
例えば、建物では雨漏りやシロアリ被害、木材の腐食、水道管や排水管の損傷、壁のひび割れ、建物の傾きなどが物理的瑕疵に該当します。
土地では、産業廃棄物の埋まっている場合や土壌汚染、地盤の問題なども物理的瑕疵となります。
物理的瑕疵は目視で容易に見つけることができる場合もありますし、リフォームや建て替えなどで対処することが可能です。
そのため、他の種類の瑕疵に比べて比較的解決しやすい状況と言えます。